ちょっと待って!

それって詐欺じゃない?

「もしかして…」そう思うならまず相談

詐欺業者への対応は弁護士に相談しましょう

まずはWEBで診断を。

未公開株・社債詐欺

「未公開株」は譲渡制限がある場合が多く、一般的に株券が出回ることはありません!


未公開株は儲かる「上場間際の確実に儲かる未公開株」といわれると、つい騙されてしまう人も多いようですが、確実に儲かるのなら、他人に譲るはずがないです。なぜなら、日本証券業協会では、一部の例外を除いて、未公開株の勧誘を原則として禁止しているからです。登録していても、未公開株詐欺であるケースもありますが、ほとんどの未公開株詐欺会社は登録していません。


・実際には存在していない会社の株を買わせる。

・将来上場したら値上がりすると言う。

・全く別の有名な販売会社を名乗り、安心させる。

・まず、上場予定の企業(A社)の株を購入するよう勧誘される。

その後、別の業者から、A社未公開株を探していて、持っていたら高く買い取ると話して購入するように仕向ける。


『上場予定の当社の株を買いませんか?』『値上がり確実!』『株を買い取ります!』などと謳い、高齢者や投資家を狙った詐欺まがいの未公開株による被害が過去最高に!

電話などで未公開株購入を勧誘してくる業者は、まず詐欺師だと思って間違いないでしょう。

未公開株詐欺とは、あまり知識のない個人投資家や投資経験のない人に、未公開株を譲ると持ちかけて、お金を騙し取る詐欺です。

まともな証券会社は、電話で未公開株の購入を勧誘したりしません。

また、未公開株詐欺は、知人や親戚などから持ちかけられるケースも多いので、注意が必要です。